FC2ブログ

無職期間が長いと転職は不利になるのか

企業に勤めて半年や一年程度で辞めてしまう事を短期離職といい、近年では非常に増えてきています。
その対策として企業は少しでも社会人経験のある若者を採用しようと第二新卒の方の採用に力を入れています。それで成功している方も多く、新卒での会社選びに失敗してしまった方には転職のチャンスが与えられています。
しかし、第二新卒の対象の方全員が転職に成功しているわけではありません。
今回は、無職機期間が長くなってしまった第二新卒の方の転職は難しいのかについて説明します。


第二新卒については以前の記事で説明しました。第二新卒

では、短期離職をした後の無職期間が長くなってしまった場合、転職をするのが難しくなるか?
結論からいうと当然難しくなってしまいます。

企業が求めているのは社会人としての経験です。
企業が第二新卒を求めるのはただ若いからという訳ではなく、ある程度社会人として経験があり即戦力になるような人材を求めています。第二新卒で転職に成功している方の多くは離職後一ヶ月~二ヶ月程で転職を決めているようです。
若い頃から転職のチャンスがあるというのは間違えていません。しかし、第二新卒だからといって転職の際に必ず優遇さるかというとそうではありません。ましてや最近では短期離職が多くなっており、これは転職を決断している方がたくさんいるということなのでライバルもたくさんいるという事になります。
その中でなにもしていない時期が長く、就職活動もしっかりとしていない人を採用したいと考える企業があるかを考えても恐らく積極的に採用をしたいと思う企業は少ないと思います。
そのため、無職期間が長くなってしまう事で第二新卒扱いだとしても転職活動時に不利になってしまうのは間違いありません。
その無職期間を作らないために転職を考え始めたらすぐに行動に移すということが重要になります。さもなければ後々後悔をしてしまうこともあるかもしれません。

私は1社目を辞めた後、無職の期間がありました。そのために次の職場が決まるまで時間がかかってしまい、在職中に転職活動を始めなかったことを後悔しました。また、無職期間が長くなると、「もう働きたくない」という気持ちが芽生えてきてしまいさらなる悪循環に陥ってしまします。

・無職期間を作らないためにやるべきこととはなにか?
①気になる企業をチェック
まず、企業に勤めている時に気になる企業がある場合は募集をしているかどうかをチェックしておきましょう。個人的に調べることももちろん可能ですが、手っ取り早く楽なのが転職サイトや転職エージェントに登録して募集求人を調べてみる事です。
転職エージェントについてはこちらでいくつか比較をしています。
働きながら、自分で求人を探し、さらには面接等の準備をするのは非常に大変です。
転職をスムーズに成功させるには在職中にの転職先の候補をしっかりと考え行動に移すことが重要です。。
②実際に応募
企業への応募は在職中だとしても可能です。履歴書等にも在職中である事を正直に書いて応募しても書類選考が通ればきちんと採用試験を受ける事が出来るのです。一次面接時は、在職中であることを考慮してくれて終業後に面接をしてくれるところもあります。無職期間を作らないためには在職中に内定を貰っておく事が最も得策なのです。
③企業を離職
在籍中に内定を貰い、もう今の企業を辞めても良いと思ったとしてもその日の内に会社を辞めることは出来ません。
書類の記入や退職願いなどを受理して貰わなければ辞めることは出来ないので一ヶ月くらいは余裕を持って辞める事を上司に伝えるようにして下さい。


以上の順序をしっかりと意識すれば、後悔することなく新たなスタートを切ることができると思います。
少しでも転職を考え始めたら、ぜひとも早めに行動を起こすようにしてみてください。
あゆたろう
Posted byあゆたろう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply