FC2ブログ

中小企業で働くメリット・デメリット

以前、大手企業に転職するために必要な要素を説明しました。大手就職に必要なこととは?

ブランドネームや安定性等から、大企業への就職を考える方は多いと思います。
しかし、大企業と言われる企業はほんの一握りです。大半が中小企業のため、ほとんどの人は中小企業で働いているといっても過言ではありません。そこで今回は、私が実際に感じた中小企業で働くメリットをいくつかご紹介していきます。


・若手でも最前線で活躍することができる
中小企業で働く最大のメリットは何と言っても、若手の頃から最前線で活躍することができる機会があるという点です。
中小企業の場合、従業員数も少なく、いわゆる少数精鋭の経営スタイルです。一定期間の研修さえ終えてしまえば、大企業とは違い、即戦力として扱われることになります。
大企業の場合でも、若手で即戦力ということは勿論可能ではありますが、中小企業に比べると、任される責任・仕事量が全く異なります。
少人数で仕事を回している為、大企業入社ではできないような経験を積むことができます。

例えば、私の場合は営業担当になり、経営者を相手に一人で営業を任されることもありました。
企業のトップと直接交渉するその責任は重大なもので大手企業では決してできない経験だったと思います。これこそまさに中小企業で働くことのメリットと言えます。

・経営層とやり取りする機会が多い
先程の内容とも少々被りますが、中小企業は、少人数経営ゆえに、経営者相手に営業を任されることもしばしばです。
したがい、仕事を通してあらゆる経営層と話ができるチャンスが多いのです。これもメリットの一つとして挙げられるでしょう。
勿論、経営層と話ができるというのは、社外だけの話ではありません。当然、社内においてもそうです。
自社の経営層とも、日頃から話をする機会があります。社長からの社内電話を受けたりと、これは大企業ではなかなか経験のできないことです。
経営者は会社経営のプロです。営業・経理・人事といった様々な面における知識については相当なものを持っておられます。
年の近い先輩や直属の上司と話をする機会も当然大切ではありますが、もし将来起業や転職を考えているのであれば、経営のプロから常に何かを学べる環境があるというのは特別なものです。
また経営層は広い人脈を持っています。自社の経営層の紹介で新たな出会いも期待できます。経営層と話ができるチャンスが多いというメリットは、将来起業や転職をする際にも十分活かすことのできるものなのです。
おすすめの転職エージェントは?

以上メリットを2点挙げましたが、もちろんデメリットもあります。
ここからは中小企業で働くデメリットについてご紹介します。

・安定性には欠けてしまう面がある
安定性という点についてはやはり、大手に比べると劣ってしまいます。
大企業や、中小企業ではあっても大企業のグループ会社の場合、将来性や安定性と言った部分ではかなりの強みを持っています。
ゆえに、大企業で働く社員も自身の生活面には安心感があり、また社会的信用についても人並み以上のものを持っていると言えるでしょう。

しかしながら、規模の小さな会社は違います。
利益額は小規模であっても、何期にも渡り継続的に利益を出し続けている企業でない限りは、どうしても不安な要素が出てきてしまうからです。
多くのカネ、ヒト、モノの資源を持つ大企業でさえも合併や倒産が相次ぐ中、中小企業も同じ土俵で戦っていかなければなりません。
そのため中小企業の場合は、どうしても安定性という面では不安が出てきてしまいます。
実際、私が新卒で入った会社は赤字続きという非常に不安定な会社でした。


まとめ
このように、中小企業で働くメリットには、
・若手でも最前線で活躍することができる
・経営者と話ができる機会が多い
という点があり、
デメリットには
・安定性には欠けてしまう
という点が挙げられます。

勿論、ここで挙げたメリットやデメリットはほんの一部であり、代表的なものに過ぎません。また中小企業とひとくくりにしても、ジャンルは様々、強みや特徴も異なります。
重要なことは、「大企業だからなにもかも良い」と決めつけないことです。
闇雲にただ自分のイメージで良い悪いを決めるのではなく、客観的にそれぞれを比較し、自身がどのようなスタイルで働きたいか、どのような経験やキャリアを積んでいきたいのかを考えたうえで選択することが大切なことだと思います。
大手からベンチャーまで幅広いスカウトを受けてみる

大手か中小企業自分に合ってるのは?

あゆたろう
Posted byあゆたろう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply