FC2ブログ

ポテンシャル採用とは

【ポテンシャル採用とは】
今できることや現在持っているスキルよりも、これから発揮されるであろう潜在的能力や多様な可能性に期待した採用活動をポテンシャル採用といいます。
ポテンシャル採用のメインとなる対象は20代の第二新卒です。

なぜこのような採用形態が生まれたのか?
不況が長引いた日本では企業が新卒採用の枠を減らしました。その結果、若手の人材が手薄になっているという状況が今です。また、経験者を募集しようとしても各社が募集を掛けているため人材の確保は困難です。
そこで、企業は未経験の若手人材を育てるつもりで採用しようとしているのです。

・未経験者が応募しやすいポテンシャル採用
企業の中途採用には、
「経験を必要とする即戦力枠」と「経験を問わないポテンシャル枠」
があります。

不況時は、企業側は未経験者を育てる余裕がないため、即戦力募集ばかりが目立ち、未経験者が応募できる職種は限られます。
一方好景気になると企業側にも余裕が生まれるため、未経験募集が増加します。

現在はどうなのかというといわゆる「売り手市場」と言われ、人手不足の企業が多いため経験を問わない求人も多いと思います。

未経験募集の際に重要となるのが「ポテンシャル」です。
では、その「ポテンシャル」とは何か?
企業が求職者のどのような点を見てポテンシャル採用を行っているのか、詳しく説明していきます。


「ポテンシャル採用」のメリット、判断基準は?

・ポテンシャル採用のメリット
応募者にとって最大のメリットは、経験やスキルがなくても希望の分野の業界に応募できることです。
そのため、「新卒で就職に失敗した」「企業に入社後、やりたい仕事が変わった」といった場合の解決策となる可能性もあります。
未経験を前提とした採用なので、教育・研修をしっかりやってくれる企業も多く、丁寧なサポートの元で新たに社会人生活を始めることができます。

・ポテンシャル採用で企業が見ているポイント
経験やスキルを考慮しないとはいえ、新卒とは違います。
基本的に企業側はすぐに名刺を持たせて外に出せる・簡単な仕事から任せられる人材と考えていますので、組織への適応力があり、行動できる人材を求めます。そのため社会人としてのマナーやコミュニケーション能力は必須です。

また、面接時には一貫した職業観や自己理解も求められます。
今までの経験を、その職場ではどのように生かせるのか自分なりに整理しておくことも大切になってきます。組織風土や職場については、面接や質問の機会の他に、転職エージェントやネットでの口コミ等を有効に活用し、自分に合っているのかどうか、マッチングを図ってみてもよいでしょう。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

完全無料でサポート致します【ウズキャリ第二新卒】


高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!


さらに、あくまで今後の成長可能性を判断されるため、高い意欲をアピールすることも重要です。
しかし、そのアピールが自分本位なものになってはいけません。
「仕事や職場が先にあって、そこに適した人材が選抜される」という前提を忘れずに、そのうえで自分をアピールするようにしてみてください。

・新たな職種や業界に飛び込むチャンス
経験や実績ではなく、潜在的能力を評価してもらえるポテンシャル採用。
求職者からすると、未経験の職種・業界にチャレンジできるという大きなメリットがあります。

企業側は「未経験の人材を育成する」という前提のもと採用を行っているので、仕事をこなしながら、ある程度は時間をかけて仕事に慣れていくことができるでしょう。
最近では、ポテンシャル採用を行っている企業が増えています。転職先を考えるときは、尻込みすることなく、未経験の業界や職種を視野に入れてみましょう。転職活動は、自分を知り、企業を知る、良い機会でもあります。視野を広げ、自分の可能性を大きく高めてください。

既卒、フリーター、第二新卒の就活はじめの一歩 [ 岡本啓毅 ]




あゆたろう
Posted byあゆたろう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply